2007年12月05日

ピアノ発表会を見学して思うこと その7 演奏曲目は40年前から変わんないねえ…

人形の夢と目覚め(エステン作曲)
貴婦人の乗馬(ブルグミューラー作曲)
紡ぎ歌(エルメンライヒ作曲)
花の歌(ランゲ作曲)
すみれ(ストリーボック作曲)
ガヴォット(ゴセック作曲)
メヌエット(ボッケリーニ作曲)
ジプシーの踊り(リヒナー作曲)
………

 これらの曲をどれくらいの方がご存じでしょうか? (元)ピアノ少女たちはよ〜くご存じでしょうが、たぶん交響曲を中心に嗜む普通のクラシックファンはほとんど知らないと思います。

 私はオペラを中心に嗜む異端なクラシックファンですが、つい最近まで、これらの曲をほとんど知りませんでした、と言うか忘れていました。

 ピアノ発表会の梯子を始めると、これらの曲はほぼ毎回耳にします。あんまり聴くので耳がタコになりますが、でもなんか聞いていると懐かしい感じがするのです。

 この懐かしさはどこから来るのかなあ…と記憶の糸をたどってみると、どうやら小学校の頃、女の子の家に遊びに行った時とか、教室で女の子たちがオルガンの遊び弾きをしていた時に聞いた曲だったのです。ああ、そうか。これって、きっと彼女たちがピアノ教室で習った曲だったんだね。

 いやあ、懐かしい。しかしマズくね。40年前とやっている曲、一緒だよ。もうすでに時代は21世紀なのに…。そろそろ新曲を発掘しないとねえ…。

 そう言えば、昔アレだけメジャーだった「ネコふんじゃった」と「乙女の祈り」は、最近聴きませんなあ。さすがにアレだけメジャーだと発表会曲目としての賞味期限が切れてしまったのかな。

 ちなみに私は「人形の夢と目覚め」を毎日聴いてます。なぜかと言うと、我が家ではお風呂が沸くと、お風呂のリモコンが「お風呂が沸きましたよ〜」と言う代わりに「人形の夢と目覚め」の演奏を始めるからです。だから、演奏会でこの曲が演奏されるたびに、なんか「急いでお風呂に入らなきゃ」なんて気分になります。困ったもんです。

posted by stone at 05:34| Comment(6) | TrackBack(0) | ピアノ