2009年09月11日

H足部管付きは難しい

 最近は試奏の時に、H足管付きのフルートを渡されると、結構、低いHの音に注目しながら試奏してます。気をつけて吹いている時はそうでもないですが、ちょっと他に気を散らしていると、右手の小指がワヤクチャになります。ううむ、H足管付きのフルートって、何気に難しいなあと思いました。

 だいたい、小指なんて、それほど器用でもないのに、この指にそんなにたくさんのキーを担当させないでください、ってところでしょうね。

 音域を半音下に拡張するために、操作性が若干犠牲になっているわけで、その辺はバーターなんだけれど、果たして、Hを獲得するために、Cの操作性を犠牲にする価値はあるのか? と私はちょっぴり“?”な気分でした。

 と、私が思っても、実際には、Hを要求する楽曲も若干あるわけで、そういう曲を吹くためにはH足管付きのフルートって必須なんだろうな。フルートを何本も所有できる人は、使い分けをすれば良いのだろうけれど、アマチュアがそんなに何本もフルートを所有できるはずもないので、可能ならH足管付きのフルートをチョイスすべきだろうけれど、あの難しさを思うと…?です。

 低音Cを無造作に押さえてもOKなC管フルートと違って、H足管付きフルートだと、Hローラーに触れないようにCローラーだけを押さえるのだけれど、あのローラーが小さいのね。おまけに、それを不器用な小指に担当させるんだから、小指のトレーニングをたくさんしないとダメでしょう。ううむ、ハードル高いよね。

 あと、これは人に寄ったり、楽器に寄ったりするのだろうけれど、低音Cって、H足管付きになったからと言って、必ずしも出しやすくなるわけではないと思う。

 同じモデルであっても、C管とH足管付きでは音色が違ってくると言うけれど…これについては、吹き比べた事がないので、分からないや。今度、チャンスがあったら、確かめてこようっと。

 そう言えば、フルートワールドでA足管付きのフルートを見ました。H足管付きよりも、さらに半音で二つも低い(笑)。さすがに低い方の2音は右ではなく、左小指が運指を担当してましたが…。

 吹くのはとても難しそうでしたが、音色といい、音域や運指といい、なかなか魅力的な楽器だと思いました。でも、あのフルートを欲しいかって聞かれたら…いらないや。重そうだし、メンテも大変そうだし、あまり実用的とは思えないんだよね。

 H足管付きフルートって、今までとても魅力的に感じてましたが、A足管付きフルートを見たら、急に色あせて感じました。何事もやりすぎは良くないよね。「フルートは本来的にC管。だったら、C管のままでいいや」 今はそんな気分です。…え? 元々はD管だろうって? それはたぶん、フラウト・トラヴェルソだよね。私の中では、トラヴェルソはリコーダの一種類で、フルートとは別楽器という事になってます。