2009年09月23日

私の大好きなカバーアルバム ビートルズ編

 ラブ! ビートルズ! オール・ユー・必要だろ?・ラブ! ってな感じってくらい、ビートルズが好き好きオヤジな私です。そこで特番の最終日である今日は、大好きなビートルズのカバーアルバムたちを紹介します。本当はこの何倍も持ってます(汗)。

 まず最初はリボルバーの「愛なき世界」です。これは何がすごいかって言うと(後に「アンソロジー」で発表されたものもあるけれど)、このアルバムの発売当時、ビートルズが作曲はしたものの、ビートルズが演奏したバージョンは発表されていなく、録音はしたもののお蔵になっていたものや、他のミュージシャンたちが録音発表したものしかなかった曲を、ビートルズそっくりの演奏で録音してみましたって奴。おもしろそうでしょ。

 リボルバーというバンドは覆面バンドで、どこの国の誰なのかも分からないのだけれど、そのサウンドは確かにビートルズぽいので、彼らが演奏した、数々の曲は、きっとビートルズ自身が演奏したなら、こうなったに違いないという感じに仕上がっています。と言うよりも、後にアンソロジー・バージョンが発表された曲などは、本家のビートルズと比べても、本家よりも、よっぽどビートルズぽく演奏していて、笑っちゃうくらいです。

 長らく廃盤になっていた様子(おそらく、アンソロジー発売の影響でしょうね…)ですが、最近、復刻したようなので、入手するなら、今のうちかもしれませんよ。ビートルズ、それも初期のビートルズがお好きな方には強くお薦めしたい一品です。

 さて、お次は、ぐっとクラシカルに…ってわけで、フランソワ・グロリューを紹介しましょう。グロリューの「ビートルズ・メロディ」はビートルズもクラシックもという方にお薦めです。特にピアノ音楽大好きな方にはお薦めします。

 このアルバムは何かと言うと、ビートルズの名曲の数々をピアノ一台でクラシカルに演奏してみましたってアルバムです。それも、有名な作曲家たちの雰囲気を出しながらです。

 具体例をあげましょう。ショパン風の「イエスタデイ」とか、モーツァルト風の「オブラディ・オブラダ」とか、バッハ風の「ヘイ・ジュード」に、ラヴェル風の「ミッシェル」とか、ガーシュイン風の「彼氏になりたい」とか…ね。触手、動くでしょ。こんな感じの曲が、たっぷり入ってます。美味しそうでしょ? 実際に、美味しそうな演奏ばかりです。

 私のイチオシは…やっぱり、モーツァルト風の「オブラディ・オブラダ」かな? これはとてもよく出来ていて、本当にモーツァルトがこんな曲を書いたんじゃないかなって思えるくらい、ピッタリハマってます。

 ただし、あくまでもサロン音楽と言うか、BGMだよな…。真剣に聞いていると、ニセモノ感満載で、ま、所詮、ジョーク音楽なんだよね。

 お次は普通のカバーアルバムです。「アイ・アム・サム」という映画はご存じでしょうか? 私は映画館まで見に行きましたが、実は中身はあんまり覚えていません。ショーン・ペンが主演で、知恵遅れの男性が娘を一生懸命育てていて、そこに裁判がからんできて…という程度にしか覚えていませんか、そこで使われていた音楽には強い感銘を受けました。映画全編にビートルズの音楽が流れていたのです。それも極上のカバーで!

 私は映画を見たあとで、パンフレットを買うとか、サントラを買うとは、ほとんどしません。歩いて10分もすれば、シネプレがある環境なので、映画なんて、いつでも封切り直後に見れるので、実はよく見てます。なので、映画を見て、そのグッズを買うなんて、そんな事をイチイチしていたら、いくらお金があっても足りないでしょ。だから買わない。

 でも、この映画に関しては、買いましたよ。映画の内容は忘れたけれど、サントラは買いました。良いです。真正面からビートルズをカバーしたアルバムは今まで何枚もありましたが、これはその中でも、極上の一品です。渋めのかっこいい演奏がたくさん入ってます。

 私がビートルズでカバーアルバムの話をするなら、やっぱり、このアルバム取り上げないわけにはいかないかな? それは「ビートルズ・イン・ボッサ」。そう、タイトルどおり、ビートルズをボサノヴァでカバーしてみましたっていう企画もののアルバム。

 これがなかなか良いんですよ。まあ、考えてみれば、ロックもボサノヴァもフラットなエイトビートを基本にしてますから、リズム的な親和性って、実は高いのかもしれません。リズムさえどーにかなれば、後は仕上げを御覧じろって感じなのかもしれません。結構いいです。オシャレでガーリーな喫茶店で流れていても、雰囲気を全然壊しません。それくらいにフェミニンな演奏になってます。

 フルートも隠し味的に使われていたりして、なかなか良いですよ(笑)。ビートルズとフルートなんて、絶対ありえない組み合わせなのにね。

 最後は私が一番にお薦めしたい、カバーの中のカバーはこれ! キングズ・シンガーズの「ビートルズ・コレクション」です。

 キングズ・シンガーズってのは、無伴奏アカペラで歌うコーラスグループです、って言うよりも小規模な男性合唱団です。とにかく、凄腕の合唱団です。普段は、古楽関係の合唱曲を活動のメインに置いている人たちなので、半端なく合唱が上手なのですが、そういう人たちが真剣にビートルズをカバーしちゃったら、とんでもないことになっちまいました。そんな感じです。

 私はハモネプという番組が好きで、よく見るのですが、あそこに出てくる若者たちに言いたいです。ポピュラーソングを無伴奏合唱で歌いたいなら、このアルバムの中に答えはある、とね。みんな、キングズ・シンガーズの爪の垢でも煎じて飲みたまえ!

 人の声って、どんな楽器よりも美しいなあ…と溜め息が出るような演奏をしてます。題材はビートルズ音楽なのに…ね(笑)。

 さあ、これでシルバーウィークも終わりなので、特番も終わりです。明日からは、通常運転に戻りますので、また、よろしくね。

posted by stone at 05:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽一般