2013年06月03日

アマチュアフルーティストに、ゴールドフルートは必要か?

 必要か不必要かを問うならば、どんな場面で、ゴールドフルートが他の素材のフルートよりも優れていて、それがアマチュアフルーティストにとって、より良い方向に向かうならば、アマチュアフルーティストにとって、ゴールドフルートは必要でしょうが、もし、そうではないならば、つまり、どんな場面においても、ゴールドフルートを凌駕するフルートがあるならば、アマチュアフルーティストに、ゴールドフルートは必要ないという結果になります。

 では、参ります。

 まず、ゴールドフルートが、他の素材のフルートよりも優れている点、その1。それは「遠鳴りがする」という点です。

 もちろん、奏者の腕前も必要でしょうが、同じ腕前の奏者ならば、シルバーよりもゴールドの方が、遠鳴りがするし、より広い会場での演奏に有利なんだそうです[H先生談]。オーケストラのプロフルーティストさんがゴールドを多用するのは、そういう理由からだそうです。

 ただし、これはゴールドという素材のおかげと言うよりも、単純にゴールドが金属として比重が高いため、同じ厚みで楽器を作成すれば、他の素材よりも重くなるからというのが理由のようです。なので、シルバーであっても、厚管の楽器は遠鳴りするし、ゴールドであっても、薄管では期待ほど遠鳴りするわけではないみたいです。

 となると、18K厚管フルートを使っているH先生最強!って事になりますが、先生ご自身、18Kのフルートの音色が気に入っているわけではなく「音色的にはシルバーが最高だけれど、オーケストラと一緒にホール演奏するためには仕方ないのだよ」という、やむをえない事情でのゴールド使用なんだそうです。

 どちらにせよ、遠鳴りを必要とする場面では、一般的に、ゴールドフルートは有効とは言えますね。例えアマチュアであっても、オーケストラで活躍している人には、ゴールドフルートは必須なのかもしれません。
 
 
 ゴールドフルートが、他の素材のフルートよりも優れている点、その2。それは「錆びない(錆びずらい)」という点です。

 “錆びない”というのは、お手入れが簡単とも言えますし、いつもピカピカなら、見栄えも良いわけです。プロならば、演奏だけでなく、プロモーション活動もするわけですから、その際に、サビサビの楽器を持っているよりも、ピカピカの楽器を手にしている方が絵になるわけで、そういう意味では、プロ奏者がゴールドフルート(や、プラチナメッキフルート)を持つのは分かります。

 ただし、アマチュアフルーティストが割と多く所有している9Kのフルートは、ゴールドフルートではあるけれど、ゴールドの含有率が低く、シルバーやカッパー、ニッケルなどの錆びる金属の含有率の方が高いので、9Kのフルートはゴールドフルートでありながら錆びてしまうので、この“錆びない”という利点は無いようです。

 まあ、お手入れが簡単というのは、プロアマ問わず、大切な要素ですね。経済的に許されるなら、この理由だけでも、アマチュアフルーティストがゴールドフルートを所有する理由付けになるかもしれません。
 
 
 ゴールドフルートが、他の素材のフルートよりも優れている点、その3。それは「ゴールドフルートならではの高貴な音色が楽しめる」という点です。

 ゴールドフルートには、やはりゴールドフルート特有の音色の癖があります。音色なんて、好き嫌いがあるわけで、ゴールドの音色を好まぬ人もいる一方、ゴールドの音色を好む人もいます。最近のように、プロ奏者の多くがゴールドフルートを吹くご時世では、ゴールドの音色こそが、フルートの音色であって、アマチュアフルーティストが目指すべき音色であると考える人がいます。そういう方にとっては、アマチュアフルーティストがゴールドフルートを所有することは、是であるわけです。
 
 
 ゴールドフルートが、他の素材のフルートよりも優れている点、その4。それは「所有しているだけで、いかにも凄腕であるかのように、ハッタリがかませる(笑)」という点です。

 ザックリ言えば、ゴールドを使っているだけで「上級者」に見えるって事です。
 
 
 どうでしょうか? もちろん、ゴールドフルートを持っている事のマイナス点というのもあるわけです。それらを簡単に列記すれば…

 効果的に演奏するためには、より強い腹圧が必要……フルート演奏のためのカラダができていないと、ゴールドフルートの場合、演奏そのものが難しいって事です。初心者やそれに毛の生えた程度の人の場合、ゴールドフルートでは、まともな演奏はできないって事です。ただし、9Kあたりだと、話は逆で、シルバーのフルートよりも楽に演奏できるそうです。

 経済的に余裕がないと厳しい……これは楽器本体が高価という事もあるけれど、ゴールドという柔らかい素材で楽器ができているため、メンテの回数が増えるし、また費用もそれなりにかかってしまうからです。つまり、維持費がシルバーの楽器よりもかかるって事です。

 盗難の危険性が高い……まあ、ゴールドフルートは、金製品ですからね。これは仕方ないです。それだけ、持ち運びの際には、神経を使うことになりますが、これは大変であると同時に、オーナーとしての喜び的な側面もあります。ですから、この件は、必ずしもマイナス点とは言えないかもしれませんね。

 ゴールドフルートを持っている事のマイナス点、こんなものでしょうか? こうして列記してみると、大したマイナス点はないみたいです。
 
 
 さて、最初の『アマチュアフルーティストに、ゴールドフルートは必要か?』という問いに関する、私なりの答えですが…必要か、不必要かで答えるなら…ううむ、やっぱり、不必要かな? この程度の理由ならば、何もゴールドでなければならないとは言えなさそうです。少なくとも、シルバーで十分でしょう。

 ただし、これは『(すべての)アマチュアフルーティストに〜』という問いに対する答えであったり、私個人に対する問いかけに対する答えであって、限定された、ある種のアマチュアフルーティストさんたちにとっては、ゴールドフルートは必要かもしれません。

 例えば“オーケストラで活躍している、アマチュアフルーティストさん”とか“フルートは、常にピカピカでなければ恥ずかしいと考えるアマチュアフルーティストさん”とか“ゴールドの音色が好きで好きでたまらないアマチュアフルーティストさん”とか“他の人が持っていない楽器を持っている事で誇らしくありたいアマチュアフルーティストさん”とかね。そういう人には、ゴールドフルートは必要でしょうね。

 まあ、フルートは楽器であって、道具であるわけで、道具である以上、必要ならば使えばいいし、不必要と思えば、他の道具を使えばいいだけの話なんだし、実は、それぞれの奏者が自分のニーズと照らし合わして、必要不必要を判断すればいいだけの話なんです。

 …って、最後は結論を投げちゃったけれど、まあ、今回の解答は、そんなところでしょうか?

 皆さんは、どうお考えになりますか?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

posted by stone at 03:30| Comment(37) | フルートのエッセイ