2013年06月13日

下手すぎて、チューニングすらマトモにできない(涙)

 ふん、ふん、ふん。時刻通りに、フルートのレッスンに行ってきましたよ。どうだ、参ったか(勝ち誇り!)。

 いつも通りの時間に行けたので、これまたいつも通り、姉様のレッスンの最後の方に教室に滑り込んで、私がフルートを組み立てたら、すぐにロングトーン練習って感じで…ううむ、実になかなか良い流れです。

 でも、肝心のレッスンの方は「…今日はなんかなあ…」って感じでした。と言うのも、なんか、フルートの調子(ってか、フルートを吹く私の調子)が今一つで、だいぶ、フルートの頭部管を抜かないと音が合わない状態だったんですよ。こんなに抜いていいの?って感じにスパ〜〜っと抜きました。いやあ、実に大胆不敵。どうも、フルートを磨いて、フルートを新品同様にしたせいか、新品だった頃のように、頭部管もたくさん抜かないと音が合わない様になっちゃいました。

 …って、わけないよね。単純に、私がアゲハの吹き方を忘れちゃっただけだね。とにかく、レンタちゃんでだいぶ楽をした上に、忙しさにかまけて、アゲハをロクに吹いてませんからね。アゲハの吹き方を忘れちゃったのも仕方のない事です。

 もちろん、フルートそのものは、吹いてますよ。でも最近は、アゲハを吹くよりも、圧倒的にプラ子を吹いている時間の方が長いです。だって、プラ子はプラ管フルートなので、いつも部屋に出しっぱなしだし、吹き終わったら、メンテはしないで、そこらに置いておくだけでOKという、完全メンテフリーなので、時間がない時や、隙間の時間にフルートを吹くのにサイコーなんですよ。というわけで、時間に余裕があれば、アゲハを組み立てて練習をするのですが、最近は何かと時間がなくて、ついついプラ子で練習しちゃう事が多くて、ほとんどアゲハの面倒をみて挙げられないので、アゲハがすねているのかもしれません。

 しかし、これってあまり良い状態ではないですね。

 なにしろ、頭部管をたくさん抜かないといけないって事は、音程を高く吹きすぎてしまうというわけで、その高すぎる音を低くするために頭部管をたくさん抜いて調整するわけです(つまり、チューニングだ)。でも、そうやって音程を低くしたフルートを吹く時は、普通に構えて吹くと、今度は音が低くなりすぎるので、管体を思いっきり外に回して、音程を高めにして吹かないと、音が合わないわけで、だから、思いっきり管体を外に回して、上を向いてフルート吹きます。つまり、そこまで音を曲げないと音が合わないって事は、つまり、チューニングしたフルートの音が低すぎるってわけです。

 元々の音が高すぎるから頭部管を抜いて、低めにチューニングすれば、今度は低くなりすぎて、管体を外に回して高めな音程を狙って吹いてます。だったら、最初から頭部管を抜かなきゃいいわけだし、少し前まではそうして吹いていたのに、今じゃ、頭部管をある程度抜かないと音が合わないし、音を合わせたフルートで演奏すると、段々音が低くなってしまうわけで、演奏途中で音曲げをして、帳尻を合わせているわけで…まあ、色々と苦労しています。

 ふう。つまり、私って、ヘタクソなんだよね。もう、五年もフルートをやっているのに、まだこんな状態なんです(ナサケナイ…)。

 とりあえずアルテです。はい、Des-dur、苦労してます(涙)。アルテの15課8章の4番『Des-durのスケールとアルペジオ』は、ちょっと吹くと、すぐにミスブローします。ミスったところで「はい、最初から(やり直し)!」と言われるので、そこで止めて、最初から吹き直します。そうやって、ミスるたんびに最初に戻って、いい加減戻るにも飽きたなあ…って頃、ようやく、最後まで通りました。ああ、大変。

 先生曰く「吹く前に、次の指の事を考える事!」「集中力が足りない!」

 まあ、おっしゃるとおりですね(涙)。たしかに、集中力が足りないと言うか、集中してませんね…。別に他のモノに気を取られているわけではなく、単純に疲労困憊で、意識を音楽に集中できないだけです…ってよりも、睡魔に襲われて、寝てしまわない様に頑張っているだけの話です。だって、私、フルート吹きながら寝ちゃうという特技がありますからね、うっかりしていると、レッスン中に寝ちゃうわけで、それはとても失礼な話なので、頑張って起きていようと、頑張って頑張って頑張っているだけなんです。

 でも、ほんと、疲れていると、集中力には、大いに欠けちゃいます。集中力に欠けながらも、何とかおまけで、合格となりました。

 5番の『Des-durのクロマティック』はサラッと合格。なぜ、前回はあんなに苦労したのが思い出せません。これでDes-durは、やっと終わり。ご苦労さま。次はb-mollです。Des-durの並行調ですから、bが5つでございます。まだまだ、私の苦労は続くわけです。
 
 
 で、ミニヨン・エチュードは、ボロボロでございました。やっぱり20番は難しいね。

 今回も、あっちこっち指がダメだったのですが、特にダメなのが、中音レ-ミ-レの装飾音符。中音レ-ミ-レと言うのが、難しいね。ゆっくりならともかく、素早く、何気に、“レ-ミ-レ”ですからね、ああ、難しい。

 それと、音価を正しく守る…とりわけ休符の音価をしっかり守る事を言われました。四分休符は、しっかりと四分音符と同じ時間だけ無音にしなきゃいけないし、八分休符は八分音符と同じ時間だけ無音状態を作ります。そのあたりが、私、デタラメでした。ああ、気をつけていかないと。ついつい、休符を短めにして(って事は、直前の音が長いんで、帳尻合わせで休符が短めになる?)しまうので、いけません。

 それに、何度も注意されているけれど、スラーとそうでないところを明確に! 何度注意されても、同じ失敗をしてしまいます。ほんとに、ダメだな。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村