2013年06月28日

リズム音痴撃退法?

 音痴音痴と言いますが、世の中には、音程が甘い“音程音痴”と、リズムが甘い“リズム音痴”がいます。私は、リズム音痴のつもりはありませんが、それでもやはり、難しくて細かなリズムだと、迷う事があります。

 なので、時折、リズムの練習をしています。

 思い出したようにするのは、ヴァイオリンのヒイロ先生から教わった『九種類のリズム』という奴です。これについては以前『いつの間にか、ピアノも習い始めていたみたいです(汗)』という記事の中で書きましたので、興味のある方は、そちらをご覧ください。これ、いいですよ。

 リズムが苦手という人は、まずはメトロノームと仲よくなることをお薦めします。とりあえず、暇があれば、メトロノームをカチカチ鳴らす事。これは音程音痴の人が、暇さえあれば、音叉を鳴らして、その音を覚えちゃうのと同じ事です。

 まずは、速度は自分で基準となる速度を決めて、それを毎日聞けばいいかもね。たとえば、80とか、100とか? そのあたりの速度を暇がある時によく聞いて、その速さとか、時間を等分する感覚とかを、丸覚えするのはどうでしょうか?

 あと、CDなどで音楽を聞くときに、指揮マネをしてみるというのは、どうでしょうかね。指揮マネが恥ずかしかったら、手拍子や足踏みなんかもいいかもね。最初は、一定の速度でリズムが流れるポピュラー系の曲だと、やりやすいかも。

 音楽に合わせて手拍子をするって…簡単そうに見えて、案外難しいんですね。ほんの少しの間ならともかく、2〜3分も音楽に合わせて手拍子するなんて、リズムに甘い人だと、途中で何度か帳尻合わせが必要かもね。

 もちろん、逆も必要かも。つまり『手拍子をしながら歌を歌う』のも大切な練習ね。実は私、これをやってます。だって、発表会で歌う「星は光りぬ」ってリズムが難しいので、無伴奏で、自分の手拍子だけで、歌ってます。手拍子を打つっのは、ビート感を養う事につながるし、ビート感があれば、合わせモノができるようになります。とても大切な練習なんです。

 メトロノームに合わせて、曲の練習をする…というのも大切な練習です。昔ながらのメトロノームだと、カチッカチッと単純なリズムしか出せませんが、電子メトロノームだと、細かなリズムも鳴らせるので、そういう機能を使うと楽に合わせられるかもしれません。

 また、昔ながらのメトロノームでも、いつもいつも四分音符のテンポで鳴らす必要はなく、曲によっては、八分音符とか十六分音符のテンポで鳴らして合わせるのもいい練習になります。慣れてきたら、わざと表拍では鳴らさずに、裏拍で鳴らして手を叩いてみるのも良い練習になりますよ。

 結局リズムって、耳だけで覚えるのではなく、全身を使って覚えちゃうのが、一番の早道だと思います。ですから、手でも足でも使ってリズムキープできる事が大切。それが出来るようになると、歌でも楽器でも、正しいリズムで演奏できるようになれると思います。

 リズム音痴の方は、まずは『九種類のリズム』とメトロノームから始めるといいですよ。これが出来るようになるだけで、相当のリズム力が付くはずですから。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

posted by stone at 03:30| Comment(8) | 音楽一般