2017年01月19日

響きの載った声はすごいすごい

 先日、近隣で行われている市民オペラに関する企画の一つとして、笛田博明氏(テノール)と与那城敬氏(バリトン)両名の合同のコンサートがあり、そこに行ってきました。

 いやあ、良かったですよ。どれくらい良かったのかと言えば、普段、クラシック系のコンサートに行ったくらいじゃあ、ブログネタにしない私が、わざわざ取り上げてブログネタにしてしまうくらいに良かったのです。

 何が良かったのか言えば、笛田博明氏の声です。今や、藤原歌劇団のトップテナーの一人ですから、そりゃあ素晴らしいに決まっていますが、それでもやはり、ブログに書かざるをえないほどに素晴らしかったのです。

 もちろん、与那城敬氏も良かったのですが、私はテノールを偏愛する人間なので、どうしても笛田氏中心に聞いて、笛田氏中心に感動してきたわけです。困った性分ですね(笑)。

 で、その笛田氏の声のどんな点が良かったのかと言えば、その響きです。

 少し前にレッスンで声の響きについて学んだところだった事もあり、笛田氏の声に乗っている響きに感激してしまったのです。いやあ、ほんと、ビンビンに響きが載った声だったのですよ。

 笛田氏は、歌劇「道化師」を得意とする、スピント系のテノールなのです。そういう重くて太い声だと、ばっちり鳴りで歌っていると思いがちですが、いやいやどうして、ばっちり響きで歌っているのですよ。すげー、すげー。

 「百聞は一見にしかず」と申しますが、「響きってなんだろ?」と頭でアレコレ考えるよりも、こうしてトップ歌手の生の声を聞いた方が、分かるというものです。

 ほんと、良い勉強になりました。いやあ、私、響きってモノが、どういうものなのか、よく分かりました。後は実践あるのみです。

 響きの載った声は…飛ぶねえ。埋もれないねえ。カツーンと来るね。おまけに、全然力づくの発声には聞こえず、楽々歌っているように聞こえます(実際、楽々歌っているんだろうしね)。

 私は声楽系のコンサートは勉強のために、なるべくたくさん聞くようにしていますし、身近なアマチュアのモノは、やはり勉強になるので聞くようにしていますが、このように、たまにはトッププロのコンサートに行くのも、良い勉強になるものだと、改めて感じ入ったわけでございます。

 要するに、トップ歌手の歌を聞いて、びっくりして感動した…という話です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

posted by stone at 03:30| Comment(8) | 声楽のエッセイ