2018年11月07日

やっぱスーパーの品物は廉価だけれど、それなりだね

 スーツの話です。以前、タキシードはHANABISHIで、普段遣いのスーツは大型スーパーで作りましたという話をしました。今回は、その話の続きね。

 まず、HANABISHIさんで作ってもらったタキシードですが、メッチャ良いです。カラダにピッタリだし、デザイン的にカッコいいし、その上動きやすくて機能的です。お値段はそれなりにしましたが、お値段以上の仕上がりです。良いですね。おまけに接客も素晴らしくて、ほんと、ケチがつけられません。次はモーニングを作るかもしれませんので、その時はぜひ、またHANABISHIさんにお願いしたいものです。

 問題は、普段遣いのスーツの方です。今回は某大型スーパーの特売を利用しました。とにかく、安いんですよ。普通のお店でオーダースーツを1着作る値段で2着つくっていただけるのです。実質半額だよね。問題は仕上がり…と言うか、品質的な話です。

 結論から言えば、品質は値段なりです。オーダースーツとは言え、着心地は吊るしみたいです。いや、それは言い過ぎか。やはり全体的な仕上がりは吊るしよりは良いです。使っている生地も吊るしよりはだいぶ良いし…。でもね、なんか、微妙にカラダに合っていないし、動きづらくて、着ていて疲れるんです。まあ、値段的には吊るし2着程度の値段でスーツを2着作ったのですから、本当に、値段なりなんです。オーダースーツだと思わなければ、まあアリです。

 まあ、生地は中国製、裁縫も中国、いわゆるメイド・イン・チャイナなスーツです。でも、そうでなきゃ、この値段では売れないよね。だから、その部分は納得しています。

 問題…は、微妙にカラダに合っていない点だね。他の店なら、当然“お直し”の対象になって、微調整をして、より良い仕上がりになるわけだけれど、こちらのスーパーでは“お直し”は無しなんです。公には「お直し承ります」なんだけれど、担当の店員さんと話しをして、いくらクレームを入れても、軽く受け流してくれるんですよ。

 私が「上着がきつい」と言えば「そんな事はない、肩はこんなに余っているじゃないですか(いや、肩じゃなくて、胸がきついんだよ)」と言うし、「キツキツで腕が上がらない」と言えば「上着のボタンは必ず外して着てください(たしかにそれなら腕は上がるけれど、私は前は閉めたい人なんだよ)」だし、ズボンは尻のあたりがちょっとキツめなんだけれど「縫い目が引っ張られていませんよ(だから大丈夫)」って言って取り合ってくれないし…。店員さんから“絶対に直しません”という強い意思を感じます。

 まあ、安物だし、直しを入れちゃうと儲けが飛んじゃうのかもしれません。私も勤め人ですから、そういう事情はなんとなく察してしまいます。

 オーダーでスーツを作ったはずだけれど、オーダー特有のなんとも気持ちのよい着心地というのがなく、なんか窮屈で疲れるんです。肩が凝りやすくなるので、暇を見てはスーツを脱いで肩甲骨をぐるぐる回すようにしています。と言う訳で、値段なりと言えば値段なりの品質なのです。

 これでこのスーパーを見限るのも一つの手だけれど、店には今回のデータが残っているから、次は事前に胸や尻をさらに大きめに作らせて、お付き合いを続けると言うのも手です。なにしろ、安いからね。安さは正義だからね。もちろん、別のお店にトライしてみるのも、また別の手です。

 まあ、スーパーのスーツと専門店のスーツを比べちゃいけないわけで、安いものは安いなりに理由があっての安さなんだから、そこは納得しないといけませんね。で、その安いなりの品質で受け入れられるかというだけの話です。ま、今回、着心地は吊るしのスーツよりはマシ程度だけれど、普通には着れるし、お値段なりの仕上がりなので、自分的には受け入れていくつもりです。実際、かなり安価だったわけだし、全体的にはお得なんだと思います。まあ、色々あったけれど、すべて授業料ってわけです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by stone at 03:30| Comment(2) | その他