2020年02月14日

激安フルートは、どこがマズイのか?

 まず、激安フルートの定義をしないと話になりません。この記事では、3万円以下のフルートを激安と呼ばせていただきます。3万円以下と言っても、3万円前後ではなく、実際は1〜2万円程度の価格帯のモノが主流となるでしょう。

 さて、この激安フルートは、一般的に「安物買いの銭失い」として、ネットでは見下されている感がありますが、実際問題として、そんなに悪いものなのでしょうか? もちろん、安物には安物なりの理由がありますが、それを理解して使う分には、むしろコストパフォーマンスの良い楽器であるとも言えるのではないでしょうか?

 実は私も、激安フルートは2本ほど持っています。1本は材質不明(クロームメッキと思しき安物メッキの下の地金の色は金色なので、銅製か真鍮製かクズ金属製でしょうね。とにかく怪しい一品です)のフルートで、もう1本はプラスチック製のフルートです。

 材質不明のフルートは“チャイナ娘”という名前をつけて、入門期にはメインフルートとして使っておりました。プラスチック製のフルートの方は“プラ子”と命名し、練習用のフルートとして、たぶん、今は一番多く吹いているフルートだろうと思います。

 チャイナ娘を購入したのは、私がフルートを始めた頃なので、同じモデルはもう無いようです。こちらのフルートが後継モデルでしょうか?…うわっ、私が購入したモデルの倍近い値段がしているよ。おそらく、私のフルートより、だいぶしっかりした作りになっているようです。


 プラ子の方はこちらです。


 まずチャイナ娘の方から欠点を上げていきます。

 チャイナ娘の最大の欠点は…安すぎる事です。ほぼ1万円だったんですよ。

 フルートって買い切りの楽器ではなく、結構マメに調整をしていかないと使い物にならない楽器なんですが、こんな安いフルートに、わざわざお金を払って調整したいと思いますか? これくらいの安物フルートとなると、普通のフルート職人さんは調整を引き受けてくれません。調整するためには、購入店に持っていって、メーカーで調整をしてもらう事になります。調整は時間もかかるし、お金も5千円〜2万円近くかかります。それだけの時間をお金を使って、調整する価値が、この安物フルートにはあるでしょうか? と言われれば、私は即答で「ありません」と答えちゃいます。だって、それだけの調整費用を使うなら、新品がもう一本買えるじゃん。

 つまり、使い捨てフルートなんですよ。お試しフルートなんです。

 そう割り切って使うなら、特に大きな問題はないと思いますよ。安物だから音が出しづらいという事もなく、安物だから音程が変だとかいう事もなく、安物だから音色が安っぽいとかいう事もありません。ただ、調整が狂い始めたら、もう終わりって話です。

 実際、私がチャイナ娘の使用をやめたのも、調整が狂い始めて、低音ドがどうしても出なかったからです。フルートを今の“アゲハ(アルタス1307R)”に買い替えたら、低音ドなんてボーボー出まくりですからね。チャイナ娘は、三ヶ月ほど熱心に吹いたわけですが、それくらいで調整が狂ってしまったようです。

 もっとも、チャイナ娘は今でも所持していますよ。まあ、フルートで低音ドなんて滅多に使わないし、今の私なら、ゴリ押しで、調整不良なフルートでも低音ドぐらいは出せるので、ちょっとした余興用としてキープしております。調整が狂っていて吹きづらい事は確かですが、決して吹けない楽器ではなりません。

 実際、このクラスのフルートだと、吹奏楽部あたりのフルートさんのマイフルートだったりするでしょ(私のところに相談に来たなら、絶対に買っちゃダメとアドバイスしますが…)。吹奏楽部なら、せいぜい2年吹ければいいわけで、吹奏楽のフルートは低音は吹きませんし、それくらいなら騙し騙し使えるかもしれません。というわけで、期間限定なら使えないわけじゃないし、値段相応の楽器だろうと思います。

 次はプラ子です。こいつには調整の問題はありません。と言うのも、キーメカの調整はネジ式なので、自分で調整できますし、タンポもシリコンタイプなので、ほぼ交換の必要はありません。

 こいつの欠点は軽いことだと思います。

 とにかく、プラスチック製ですから、楽器が軽いのです。

 軽いですから、息を吹き込んでも、簡単には鳴りません。鳴りづらい楽器なんです。おまけに息を大量に飲みますし…。そういった点では、こいつは初心者向けの楽器ではありません。中上級者向けの楽器なのかもしれません。さらに言えば、側鳴だしね。とにかく、こいつを活用するためには、膨大な肺活量が必要です。

 というわけで、ブレスコントロールを学ぶには、なかなか良いフルートですよ(笑)。呼吸筋のトレーニングには、もってこいの一品です(ニコニコ)。なので、私は日々の自宅練習用のフルートとして活用しています。だって、こいつで曲が吹けるなら、アゲハだとラクラク吹けるんだもの。いいコーチですよ。

 まあ、難しいフルートだし、見た目がチャッチイので、人前で吹こうとは思いませんが、自宅で厳しいコーチとして十分に役立っています。

 あと、プラ子の長所は、メンテナンスフリーの他、水洗いが可能な点かな? とにかく、扱いがかなり雑でも全然問題ありません。

 まあ、ちゃんとしたフルートが欲しければ、ヤマハのYFL-212が最安モデルになると思うけれど、それでも約8万円だからね。一般人の感覚として、楽器に8万円も出すなんて、正気の沙汰ではないからね。そういう庶民感覚に答えるためにも、激安楽器って市場に流通しているんだろうと思います。なので、私は一概に激安フルートを否定はしないのです。

 要は、目的にあった使い方と、割り切りですね。激安フルートに夢を見ちゃダメだけれど、高価な楽器は自分にはオーバースペックではないのかと問う事も必要なのかもしれません。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村


posted by stone at 04:00| Comment(2) | フルートのエッセイ