2020年02月21日

フルート 息を長持ちさせるためには

 フルートという楽器は、深窓の令嬢あたりが吹いていそうな、いかにも“体力ありません”“虚弱体質です”的な方がたしなむイメージのある楽器ですが、実際のところ、かなり肺活量を必要とする体育会系の楽器だったりします。実際、他の吹奏楽器と比べても、息を大量に使うんですよ。

 なので、フルート初学者たちの共通する悩みの一つは「息が続かない」「息を長持ちさせるにはどうすればいいの?」と言ったところでしょうか?

 フルートの息が続かないのは、息の出た先に、何の障害物もない事が一番の原因でしょう。他の木管楽器なら、リードという木っ端があって、それを震えさせなきゃいけないわけで、それが息の障害物になります。金管楽器はマウスピースで押さえつけられた自分のクチビルが息の障害物になります。でもフルートには、何の障害物もなく、息は軽く吹いて出ていってしまうわけです。

 なので、あっという間に息が無くなって、息が続かなくなってしまいます。

 さて、そんなフルートで息を長持ちさせる方法は2つあります。一つは声楽的アプローチ。もう一つは循環呼吸です。

 最初の声楽的アプローチは、真っ当なやり方で、腹式呼吸でフルートを吹きましょうって事です。で、腹式呼吸をする際に、腹圧をコントロールして、息の出方を一定に保ち、息が出過ぎないように、また、出なさすぎ無いようにコントロールをしましょうって話です。イメージとしては、横隔膜を上に動かしたり下に動かしたりするわけです。クチで言うのは簡単ですが、実際にやるのは…とても大変ですよ。なので、修行あるのみです。

 私が笛先生からもH先生からも習ったのは、いわゆるドイツ式の腹式呼吸です。ちなみに“ドイツ式”と言っても、ドイツで流行ったやり方ではなく、昔の日本で流行った腹式呼吸のやり方です(ちなみに、今は“ベルカント式”が流行ってます)。このドイツ式は、腹筋を固めて、少しずつお腹を凹ませていくという方法です。やり方が単純な上、一定の呼気が保てるやり方で、特に大きな欠点はありません。ベルカント式と比べると、ダイナミックスに欠ける事と、ベルカント式よりは息が浅いという事です。ちなみにベルカント式と言うのは、腹筋をゆるゆるにして、常に腹筋を動かし続けていくというモノです。私のイメージでは、横隔膜のうち、カラダの正面部分は上に引っ張り、背中側に下に引っ張っていく感じです。ドイツ式よりも習得が難しいですが、より深い呼吸がコントロールできます。

 声楽的アプローチ以外の、もう一つのやり方は循環呼吸で、これは(頬の筋肉を使って)クチで息を吐きながら、鼻から息を吸い込んで…を繰り返して、永遠にクチから息を吐き出せるようにするテクニックです。現代曲では実際に使うテクニックです。この技法をマスターすれば、息が続かないといった事とはオサラバできますが、循環呼吸中は、かなり息苦しくなるようで、そう長い時間循環呼吸はできないと言った欠点があります。少なくとも、私は無理よ。

 なので、私の場合は、得意な声楽的アプローチで主に対応して、どうしても足りなくなったら、循環呼吸…ではなく、さっさと諦めてブレスをします(笑)。ただ、ブレスをするなら、闇雲にブレスをするのではなく、しっかりと音楽的にブレスをしても許されそうな場所を見つけて、なるべくそこでするようにしています。ま、被害はなるべく最小限に食い止めましょうって事です。で、循環呼吸は、ほんとの最後の手段として、なるべく使わないという方針で私は行っています。

 おそらくは、そんな事を考える以前に、カラダを鍛えて、肺活量を増やす方が、何より正しいやり方かもしれませんね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村


posted by stone at 04:00| Comment(4) | フルートのエッセイ