2020年03月10日

脱、ノド声!

 私は長らく、いわゆる“ノド声”で歌っていたと思います。では、なぜそれが可能だったのかと言えば、人並み外れてノドが強かったからでしょう。とにかく、私への褒め言葉が「良い声しているね」とか「聞いていて気持ちよい歌声ですね」とかではなく、みんながみんな「ノド、強いね」だったくらいですから。それくらい、コテコテのノド声で歌っていたわけです。

 そのノド声から、最近、ようやく脱出できたと感じています。それを記念して、この記事を書きました。

 それにしても、声楽を学んでいる人、特に初中級者にとって“ノド声”と言うのは、永遠のテーマです。

 ノド声から脱却するのは、実は簡単なわけで、ノドおよびその周辺をリラックスさせて歌えばいいだけなんです。でも、それが出来ないから永遠のテーマになってしまうわけです。

 私がノド声から脱却できたのは、主に2つの要因があります。

 1つ目は、何と言っても、Y先生の熱心な指導の賜物です。とにかく、それまでほとんど腹筋を使わずに歌っていた私に、根気よく腹筋の使い方を教えてくれたのです。ノド声は、ノドを発声のエンジンとして使ってしまう発声なのです。そこで発声のエンジンをノドから腹筋に切り替える事ができれば、自然とノド声は解消します。

 2つ目は、昨年の今頃、インフルエンザに罹患したおかげで、長期間歌わなかった事でしょう。1ヶ月以上も歌わなかったおかげで、それまでノドに依存していた歌い方をカラダが忘れてしまい、Y先生に習った正しい発声ができるようになった事です。いくらY先生に正しい発声方法を習っていても、それまでに染み付いた間違った発声方法から抜き出せなかった私です。ちょうど良い頃合いで、インフルエンザに罹患したものです。まさに、神の配剤と言えるでしょう。

 良き指導者に恵まれた事と、練習の空白期間の存在。これらのおかげで、私はノド声から脱却する事ができました。

 ノド声で悩んでいらっしゃる方へ。正しい発声方法を学ぶ事はもちろん、しばらく歌わない空白期間を作ってみると良いかもよ。しばらく歌わないと、悪い癖が抜けますよ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村


posted by stone at 04:00| Comment(0) | 発声法のエッセイ