2020年03月14日

水草の消費が緩やかになった

 原因は…ルデンの不在です。あんなに激しく減っていた水草が、最近はだいぶ緩やかになってきました。もちろん、ヤヨイもシズカもその他の子も、水草を食べますから、水草自体は減っていくのですが、以前ほど目に見えては減らないのです。

 ルデンって、一匹で、そんなにたくさんの水草を食べていたんだよなあ。

 水草は金魚たちの食料として存在するだけでなく、実は日除けの役割もあるんです。と言うのは、金魚ってマブタがないじゃないですか? だから、目を閉じる事ができないのです。そこで昼寝(?)の時、水草の影に入って寝るんですよ。これは電灯の光のまぶしさから逃れているんですね。

 なので、水草が無いと、金魚たちの昼寝が阻害されるわけですが、水草がいつまでもあると、水草の中に頭を突っ込んで寝るので、とてもかわいいですよ。

 あと、水草があると、小さな子たちがその中に入って遊んだり、ドジョウたちがその中に入ってホッとしていたりと、水草ってとても役立つんです。

 それに水草って水中の窒素を吸収してくれるんですよね。窒素って…金魚の排泄物の成れの果てです。つまり、水草って水槽の水の浄化にも役立っているんです。

 そんなわけで、あんまりバクバク水草を食べられてしまうのは困った事だったのですが、それが緩やかになったというのは、良い傾向だと思っています。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by stone at 04:00| Comment(0) | 金魚