2020年11月15日

自宅練習さぼり気味です

 何事も年齢のせいにするのは簡単だけれど、10年ぐらい前と比べると、音楽の自宅練習に捧げる時間と熱量がだいぶ下がっているなあと感じています。簡単に言っちゃうと「練習、サボリ気味」です。

 一つには仕事の忙しさに原因があります。あの頃と比べると、帰宅時間が平均して1時間から1時間半ぐらい遅くなっているからね。遅くなっている分、音楽の自宅練習時間が減ります。

 それでも以前は毎日2時間近く練習していたわけで、帰宅時間が1時間遅くなったのなら、それでも毎日1時間は練習できるわけです。

 もうひとつの理由として、以前よりも早く眠くなるってのはあります。10年ほど前なら、私は午前1時を過ぎないと眠くならなかったし、寝なかったです。だから色々な事が夜遅くできました。でも今は、早く眠くなります。早ければ夜9時には寝落ちしています。そうでなくても、10時を過ぎると眠くてたまりません。なので、だいたい11時ぐらいには寝室に行くようにしています。

 このように仕事から帰ってくる時間が遅くなり、以前よりも早く寝室に行くようになってしまったので、必然的に音楽の練習をする時間が少なくなってしまうわけです。

 あとは熱量の問題があります。ちょっとしたスキマ時間に、以前ならすぐに歌を歌ったり、笛を吹いていたりしていましたが、今は…ぼぉ〜としている事が多いです。または、居眠りしています。何もしないうちに時間が過ぎてしまうなんて事が増えました。

 こうやって、原因を列記していくと、練習をしなくなった、その根本原因は“体力の衰え”のようです。体力が衰えてきたので、それに伴って“気力が衰えてきた”みたいです。向上心とかモチベーション等というものは、決して無くなっていないのです。ただ、コトに手がつかない…感じなのです。

 練習が大切ってのは分かるし理解しているし、練習したいなあという気持ちもありますが、同時に、休みたい、眠りたいって気持ちが強くなっているのも事実です。

 年齢のせいにするのは簡単だけれど、やっぱり年をとってカラダが気持ちに追いついていかない、やりたい事をやれなくなってきているのかもしれないと、ぼんやりと考えています。

 こうやって、人は枯れていくのかな…?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by stone at 04:00| Comment(0) | ダイエット&エッセイ