2021年02月02日

息はしっかりと吐く、ずっと吐く

 声楽のレッスンに行ってきました。まずはいつものようにハミング練習からです。

 今回は、自分的にはあまりうまく行っていないような気がしました。本業が忙しくて、あまり自宅で練習していなかったので、あれこれ歌う感覚を忘れてしまっているようでした。ですから、ハミングにしても、なんか恐る恐るだった事を白状します。と言うのも、歌おうとして、息を吐いたところで、どんな声が出るか、自分でも分からなかったのだもの。いくらハミングであっても、息と声の関連性が何となく不安に感じていたのです。

 そんな事もあって、ちょっと違和感を感じながらのハミング練習となりました。

 注意された事は、しっかりと鼻から息を吐く事。腹圧をしっかりと掛ける事。響きをしっかり高く保つ事。まあ、いつも言われている事ですが、こういう基本的な事が大切なのだろうと思います。

 次は発声練習です。いつも甘い音程ですが、今回はさらに悪かったようで、音程の注意が多かったなあ…。“1-3-5-3-1”とフレーズがあったとします(数字は音程ね。1がドなら、3がミで、5がソです)。“1-3”の音程はまあ良しであっても、“3-5”の音程はちょっと狭いのです。“5-3”はちょっと広くて、“3-1”はかなり広い。つまり、上は届かず、下は下がりすぎ…というのが、今回の私の歌なのです。狭い“3-5”は音程の幅を広げる…と考えるよりも“5”の響きを高くする方が解決できるようです。“5-3”は“3”を、“3-1”は“1”をしっかり(腹圧で)支えることで下がりすぎるのを回避できそうです。

 響きと支えが足りない…んだなあ。響きも支えも、要は腹圧なんだよね。結局私の場合、腹圧不足がすべての原因のようです。

 フレーズの歌い方も注意されました。レガートが大切です。

 私は無意識ですが、発声する時、一音ずつ、ポンポンと置くように発声するそうです。いや、置くように…と言うよりも、一音ごとに息を出したり引っ込めたりして歌うようです。よく言うとマルカートで歌っているとも言えますが、そんな上等な感じではありません。息の出し入れをしたり、一音ごとの強弱などはつけずに、吐いている息は切らず、ずっと同じ勢いで吐き続けながらフレーズを歌っていかないといけません。それがレガートです。で、そのレガートが無意識にできないといけないのです。無意識にできるようになるためには、練習時に意識して行い続ける事です。頑張りましょう。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村