2020年02月03日

練習しなくなりました

 最近、自宅での音楽練習をしなくなりました。

 まあ、仕事が忙しくなった事と、加齢のせいでしょうか? 疲れやすくなった事と、根性が無くなってきた事など、複合的な要因によって、自宅での音楽練習に掛ける時間が極端に減っています。

 とは言え、別に全く練習したくないわけじゃなく、練習しようという思いはあっても、ふと気がつくと、さすがに音を出してはまずい時間になっていたり、翌日の仕事の事を考えると、音楽練習をするよりも、寝た方が良いと判断して寝てしまうと言うか、判断する前に居眠りしていたりしています。

 このブログを始めた頃は、毎日2時間近い時間を自宅練習に割いていました。声楽に1時間、フルートに1時間ずつです。

 今は…と言うと、声楽フルート問わず、一回の練習時間はせいぜい30分程度。毎日なんて、とても無理で、週に2〜3回ほど練習できればよいくらいで、歌も歌わず、フルートも吹かないまま、一週間を過ごしてしまうなんて事すらザラにあります。

 そんな事をやっているから、エルステユーブンゲンが全く暗譜できないんだよね。

 色々あるけれど、やっぱり仕事が忙しいというのが、練習できない最大の理由だと思います。なにしろ、毎日2時間練習していた頃と比べると、仕事からの帰宅時間が2時間半〜3時間ほど遅くなっているんだよね。それもサービス残業だよ。やってられないよね。2時間練習していた頃よりも3時間帰宅時間が遅くなっていたら、音楽練習どころか、日々の家庭生活をアレコレ切り詰め、睡眠時間を削っていかないと生きていけないわけで、そりゃあ、毎日疲れやすくもなるよね。

 そんな中でも、30分程度の練習時間を、週に数回作って練習している私は、ある意味、向上心あふれるオジサンだと言えないわけでもありません。

 いやあ、ほんと、練習時間&睡眠時間、減ったよなあ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村


posted by stone at 04:00| Comment(4) | 音楽一般
この記事へのコメント
以前、倍音もしくはパウエルのことをお書きになったときに旧ブログにたどり着いた者です。
お仕事が忙しい中、30分の練習をなさっていることに敬意を表します。体が大事ですから無理はできませんよね。たまたま知り合いから聞いた話ですが、7/19に横浜みなとみらいであるという第九第4楽章の合唱も
http://onbunkyo.com/gassyoudaqanbosyuu.html
によると女声は定員に達しているけど男声はまだまだ募集中とか。男性は仕事に追われていらっしゃる方が多いということと思います。
Posted by エガル at 2020年02月04日 11:09
エガルさん、いらっしゃいませ。

 第九の合唱は、当地でも盛んに行われていますが、男声に関して言えば、女声よりもだいぶ人数を減らして募集していますが、それでもなかなか定員には達しません。女声が、募集開始からわずか1時間足らずで定員に達してしまう(なので、毎年希望者は大変な思いをして申し込むのです)のに対し、男声は定員に達するのに数日かかったり、年によっては定員に達しないまま募集を打ち切る事もあるようです。まあ、足りない分はエキストラにお願いするんでしょうね。

 そもそもこんなはめになるのは、合唱人口が男女で大きく違うのが原因だろうと思われます。合唱を嗜む女性はそれなりにいますが、男性はなかなかいません。で、その数少ない男性たちが、エガルさんのおっしゃるとおり、仕事とかぶったりして、なかなか演奏会に参加申し込みができず…という事情があると思います。

 特に男声の中でも、テノールは数が少なくて、どこも困っているみたいです。さらに第九の場合は、テノールが1と2の2つ必要ですから、なおさらです。まあ、多くの団体で、テノール1はテノールが歌い、残ったパートは、バリトンの人たちの中から、比較的高音が得意な人たち(いわゆるハイバリトン)がテノール2を担当し、低めのバリトンの人たちだけで本来のバリトンパートを歌うようです。それくらいテノールは少ないんです。
 クラシック音楽の本場であるヨーロッパでも、同じような感じなのでしょうか? それともあちらは男女ともに歌う人がたくさんいるのかな?

Posted by すとん at 2020年02月04日 20:35
若い頃に比べて集中して練習する時間が取れなくなってくるのは、やはり年齢のせいなのでしょうか。
声楽の他にフルートもとなると、1時間1時間で2時間は妥当に思われますね。なかなか、年齢と共にたくさんの事は出来なくなるようです。
Posted by kyonzy at 2020年02月05日 22:27
kyonzyさん

 認めたくはないけれど、練習をしなくなる原因の一つに加齢はあるのかもしれません。加齢によって、集中力や体力、何よりも素早さが無くなります。同じことを同じようにしていても、若い時よりも時間が掛かるようになり、結果として、余暇の時間が減り、音楽の練習でできなくなる…と思わないでもないです。

>なかなか、年齢と共にたくさんの事は出来なくなるようです。

 まさに、そんな思いに捕らわれる最近の私です。

Posted by すとん at 2020年02月05日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]