2020年02月10日

長い曲が歌えない(涙)

 どうも最近、何となく分かってきた事があるのですが…それはどうやら私「長い曲が歌えない」みたいなんです。なぜかと言えば「疲れちゃうから(涙)」。

 具体的にどう疲れるのかと言うと「軟口蓋を上げ続けるのに疲れて、やがて軟口蓋が上がらなくなって、歌えなくなってしまう」という状態に陥ります。軟口蓋を上げずに、胸に落ちた声で歌うなら、それなりに歌えますが、軟口蓋を上げて、ボジション高めの声で歌うと、割とすぐに疲れてしまうのです。

 だいたい、楽譜で言うと、3〜4ページが限界かな? それ以上長い曲になると、どうしても、軟口蓋が上がらなくなってしまい、歌えなくなってしまうのです。

 要するに「歌う体力が不足している」とも言えます。

 この問題を乗り越える方法は、ただ1つ。毎日、じっくり歌い続けて、歌の基礎体力を向上させて、ちっとやそっとの時間、歌い続けたくらいでへこたれない筋力を身につける事です。

 そういう意味では、練習時間の少なさが、この問題に直結しているんだよね。体力だけは、座学じゃあ身につかないからなあ…(涙)。

 その点、フルートは歌ほどは体力を使わないので、集中力さえキープできれど、どんなに長い曲でもウェルカムなんです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村


posted by stone at 04:00| Comment(2) | 声楽のエッセイ
この記事へのコメント
やはり、楽器は歌ほどには体力は使わないんですか?
どちらも同じかと思っていました。
Posted by kyonzy at 2020年02月13日 00:33
kyonzyさん

 楽器によって違うと思いますよ。

 歌はかなりの全身運動で、見かけ以上に血行が良くなります(笑)。私の私感ですが、大抵の楽器は、歌と比べると体力的にはだいぶ楽だろうと思います。例えば、ピアノとかヴァイオリンとか、歌と違って、長時間の練習が可能でしょ?

 おそらく歌よりも大変なのは、ドラムスぐらいじゃないか? あれはマジで体力勝負な楽器ですからね。あと、いい線行っているのが、低音の吹奏楽器。チューバあたりは、かなり体力が必要でしょう。フルートは…息はたくさん使いますが、体力的には、そんなに大変じゃないよ。後は…一部の汗だくになる指揮者さん? 本来、指揮って、そんなに大変じゃないはずだけれど、汗だくになる人たちの運動量は半端ないと思いますが、指揮はどうして、そんなに人によって運動量が違うのか、不思議でなりません。

Posted by すとん at 2020年02月13日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]