2020年06月28日

私はコーヒーアレルギーなのか?

 命に別状がないので、あまり深刻には考えていませんが、私はもしかすると“コーヒーアレルギー”なのかしら?と、時々考えてしまいます。

 そもそも私は花粉症で、喘息の持病も持っている、アレルギー体質です。少なくとも、医者で検査して、スギ花粉とハウスダストとカニにアレルギーを持っている事は分かっています。結構、この3つのアレルギーは私的に、深刻だったりします。ほんと、アレルギー体質ってイヤだよね。

 そんなアレルギーな私ですが、最近、コーヒーを飲んだ後にノドに違和感を感じる事があり、ネットで調べてみると…なんか軽度のコーヒーアレルギーの症状があるみたいなんですね。

 実は私、コーヒーは常飲していません。どちらかと言うと、嫌いな飲料なんですね。だから、子どもの頃はもちろん、中年になっても、コーヒーはもちろん、コーヒーっぽい飲料まで含めて、ほぼほぼコーヒーなんて飲んでいませんでした。それが老人に入り口に立ち、体力に自信がなくなり、疲れが溜まって、すぐに居眠りをしてしまうようになったので、覚醒剤代わりにコーヒーを飲むようになりました。

 いやあ、コーヒーは効きますね。ほんと、眠気が吹っ飛びます。覚醒剤として、かなり有効です。

 もちろん、コーヒーは嫌いなので、楽しみのために飲むことはありませんし、覚醒剤として飲む時は、薬物だと割り切って飲んでいますので、味は二の次…ってか、心の中では「うへー、マジーマジー」と思いながら飲んでいます。もちろん、薬物として摂取していますので、ブラック無糖で飲んでいます。年齢的に砂糖の過剰摂取は控えていますし、コーヒーも嫌いだけれど、ミルクも嫌い(笑)なので、コーヒーにミルクを入れるなんて、そんな恐ろしい事はできません。なので、ブラック無糖一択なのです。

 コーヒーは本当に眠気をふっとばしてくれる優秀な薬物なんだけれど、体調によるけれど、ある程度飲むと、ノドが痛くなるんだよね。ヒリヒリして、咳をしたくなるんだけれど、咳をするとますますノドが痛むんだよ。つまり、コーヒーの飲みすぎで、ノドが腫れるわけだ。

 どうしましょ?

 ひとまず、命に別状はないみたいだし、アレルギーとしては軽症だし、覚醒剤としては有効なので、体調と相談しつつ、摂取量に配慮しつつ、今後も飲み続けていくのだろうけれど、嫌いな食べ物って、カラダが無意識に避けているわけで、もしかしたら私のカラダが「コーヒーはカラダに合わないから飲まない方が良い」→「コーヒー、嫌い」ってなっていったのかなって思いました。

 そんなふうに考えるならば、食べ物の好き嫌いって、克服するべきものではなく、尊重していくべきものなのかなって思います。

 …でもないか(笑)。

 と言うのも、私、トマトは大好きなんだけれど、トマトを食べると、ノドが痛くなるんだよね。はい、軽度のトマトアレルギーを持っています。だけど、トマトは大好きなんだよね。だから、トマトは体調が悪くなる知りながらも、ムシャムシャたくさん食べちゃし、トマトジュースはガブガブ飲みます。特に、夏の暑い日に冷えたトマトをガブリと食べるのは、まるで天国にいるように嬉しい気分になるほど、トマト好きなんだけれど…アレルギーなんだよな。

 つまり、アレルギーとは、うまく折り合いをつけながら生きていくしか無い…と言うのが、今日の結論でございます。

蛇足 コーヒーはアレルギーなんだけれど、濃いめの緑茶や紅茶は、いくら飲んでも平気なので、カフェインアレルギーとは違うんだろうなあって思ってます。カフェインアレルギーなら、コーヒーだけでなく、緑茶や紅茶でも体調が悪くなるはずなので、コーヒー独自の成分と私の折り合いが悪いんだろうと思ってます。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by stone at 04:00| Comment(2) | ダイエット&エッセイ
この記事へのコメント
食べ物のアレルギー体質辛そうですね・・
トマトのように味は好きなのにアレルギーというのは一番辛い・・
Posted by ショウ at 2020年06月29日 00:32
ショウさん

 まあ、そういう体質なので仕方ないです。それに程度の問題でもあります。トマトは少量なら食べられます。コーヒーも少量なら大丈夫。だから量との相談になります。でも、カニは少量でもアウトなので、結構気にしています。カニは食べられませんが、その分、エビを食べるようにしています(笑)。

Posted by すとん at 2020年06月29日 07:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]