2020年11月18日

親知らずは生えません

 ある意味、虫歯治療の続きの話です。

 本格的に虫歯治療をしましょうってなったので、歯医者さんで歯のレントゲン写真を取りました。生まれて初めて、自分の頭蓋骨(の下半分)を見ました。ううむ、私の歯って、こんな感じで生えているんだね。あと、こんな感じに詰め物や被せ物がなっているんだね。

 で、私の上アゴの両端に、とても歯には見えない、丸っこい物体が写っていました。

 先生に「これはなんですか?」と尋ねたら、まだ生えていない親知らずだと教えてもらいました。上アゴの親知らずが生えるべき場所に歯が埋まっているんだそうです。ちなみに丸く見えるのは、歯が正常な位置ではなく、横倒しになっているので、写真では丸く見えているんだそうです。取るべき角度からきちんと取れば、普通に歯の形になっているそうですが、倒れているので丸く映っているんだそうです。

 まあ、そこに歯はあるのだけれど、年齢も年齢だし、歯の向きも向きなので、もしも生えてきたら抜きましょうと言われました。

 「変な方向を向いているけれど、切開して取り出す必要とかはありますか?」

 その必要はないそうですし、親知らずが生えない人も少なくはないので、生えてこない限りは無視をしていいそうです。生えてきたら…この向きでは色々と不都合があるので、抜くわけです。

 ちなみに、下アゴの両端には何もありませんでした。つまり、下アゴに生えるべき親知らずは、その痕跡すら無いって話です。あるべきものが無いというのは、なんか寂しい感じがします。しかし下アゴには親知らずが生えないことろか、歯そのものが無いとか! いやあ、びっくりです。私はもしかして新人類なのかも(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by stone at 04:00| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]