2020年12月22日

結局、自分の免疫力に頼るしかないのか?

 ようやく…と言うか、ボツボツと言うか、新型コロナウィルスのワクチンがいくつか完成し、世界のアチラコチラでワクチン接種が始まったようです。日本は自国製のワクチンが無く、外国のワクチンの余りを貰う予定なので、白人の皆さんへのワクチンが行き届いた後に、ありがたくいただく事になるようです。

 まあ、彼らが自分たちの身をもって人体実験をしてくれるんですから、むしろ有り難いなあと私なんかは考えます。彼らが自分たちにガンガン打って、その危険性やら有効性やらを洗い出した後に我々の順番が回ってくるわけですから、ほんと有り難いですよ。

 世間の一部の人でしょうが、ワクチンさえ接種すれば、今のストレスフルな生活から解放される…と信じている人がいますが、そうなるといいですね。みんながワクチンを接種する事で、この世から新型コロナウィルスが無くなって、以前のような生活が戻ってくると、本当にいいなあって思います。

 まあ、無理だろうなあって私は考えてますけれど。

 たぶん、みんながワクチンを接種しても、今とあまり変わらない世界にしかならないと思うんだよね。

 と言うのは、世の中には感染症ってたくさんあるけれど、ワクチン接種で撲滅できたのって天然痘ぐらいなんだよね。ポリオはまだだけれど、ワクチン接種で撲滅しつつあるから、これも仲間に入れてもいいけれど、大半の感染症では、実はワクチンって撲滅と言うよりも、一時しのぎでその場しのぎの治療にしかならないみたいです。

 身近な例で言えば、インフルエンザウィルスだよね。私なんか毎年ワクチンを接種しているよ。なぜかと言うと、インフルエンザのワクチンって防御免疫の持続期間が約五ヶ月程度って短いんだよね。だからワクチンを一回打てば終わりではなく、毎年接種しないと意味がないわけです。一時しのぎと言うか、今年限りなワクチンなわけです。

 おまけに、インフルエンザは簡単に変異しちゃうから、仮に昨年接種したワクチンが長期間有効だったとしても、今年のウィルスと昨年のウィルスは違うウィルスなので、昨年のワクチンでは効果がないようで、毎年毎年新しく変異したウィルスに対応した今年度版のワクチンを打たないとダメなわけです。で、これは実際に流行する前にワクチンを作り始めるわけで、つまり予測で作るわけだから、その予測が当たれば良いけれど、ハズれればワクチンを接種していてもしていないのと同じ状況になってインフルエンザにかかる訳です。これをワクチンの有効率って言うわけだけれど、インフルエンザワクチンの有効率で約50%だから“当たるも八卦当たらぬも八卦”って気分でワクチン接種をしているわけだ。

 新型コロナウィルスもインフルエンザ並に簡単に変異しちゃうウィルスだよね。春に非常事態宣言が出た時には、日本には3種類の新型コロナウィルスが入り込んでいて…なんていう報道が毎日ありました。今は何種類のウィルスが入り込んでいるのかな? それに最近の報道では、イギリスで新しい新型コロナウィルスの変異種が発生して猛威を奮っているわけだけれど、それもやがて日本に入ってくるんだろうなあって思うわけです。

 そんなに簡単に変異しちゃう新型コロナウィルスに、本当にワクチンって有効なの?って思うわけです。おまけにワクチンって、副作用やら副反応やらも激しい劇薬だからね。本来は、そんなにほいほいと気軽な気分で接種して良いはずはないんだよね。

 薬ってのはマジックアイテムではなくて、基本的には毒物だから、効果の高い薬は、効果の高い毒でもあるわけです。そこんところを良く考えないといけないわけです。ネットで、ワクチンの副反応とか副作用とかをググれば、色々分かるよ。

 だから、ウィルスの有効率やら、副作用の有無や程度などを、白人の皆さんが人体実験してくださって教えてくれるわけだから、我々はそれを待ってから考えればいいわけなのです。

 まあ、基本的に新型ウィルスに罹患しても、その大半(約80%と言われています)は軽症なのだから、自分の免疫力だけで治せるわけだし、二週間なら二週間安静にしていればいいと思います。まあ、発熱やら息苦しさに対する対処療法は必要だろうけれど、まあそんな感じでしょ? それは一般的な風邪の治療と同じです。ビビる必要は全くないわけです。

 ただ、残りの20%になっちゃった場合は、そうはいきませんが、その場合は覚悟を決めればいいだけでしょ? 人は必ず死ぬんだし、自分もいつかは死ぬんだから、それはもう諦めるしかないよ。天寿? 人にはそれぞれ与えられた生の時間があって、それは個人個人でみんな違うわけだから、他人と比較しても始まらないよ。自分の寿命が終わる時が来たら、それを受け入れるだけよ。そうでしょ?

 ワクチンは有り難いし、実際問題としては、私も接種するかもしれないけれど、それはあくまでも数ある選択肢の一つであって、基本は自分自身の免疫力が大事だなって思ってます。だから、なるべくストレスをためないような日常生活を送りたいと思っているし、睡眠時間もなるべく多めに取ろうと思ってます。

 いや、マジで。それが一番だと思っているからね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by stone at 04:00| Comment(2) | ダイエット&エッセイ
この記事へのコメント
こんばんは。

>ポリオはまだだけれど

よくTVで見かける尾身茂はwikiでは
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E8%BA%AB%E8%8C%82
尾身の業績のひとつは、西太平洋地域において小児麻痺(ポリオ)の根絶を達成したことである

感染症の専門家でもないし、専門論文も???です。
こういう方が専門家会議のトップとして医学以外の範囲まで「急所」とか、エヴィデンス不明のコメントするのは異常です。

新型コロナの対応について「戦争」という比喩を使う可否は別にして、太平洋戦争当時の伝聞と比べて当時と似ている感じがします。gotoキャンペーン(主は全国旅行業協会会長)の感染者数の異常な少なさを観光庁が報告し、gotoキャンペーン拡げたほうが感染者数少なくなるはずなのに、総括もなくgotoキャンペーンが一斉中止です。正確なデータが一切なく未だに手洗い、マスク、3密を避けるって幼稚園の子供ではあるまいし。

今後どうなるか今まで通り普通に都内まで電車通勤しながら見たいところです。
最近デフォーのペストを読んでいますがメチャおもろいです。

失礼しました。
Posted by tetsu at 2020年12月24日 21:17
tetsuさん

 そもそも新型コロナウィルスって、コロナウィルスである事には間違いなく、コロナウィルスがもたらす病気は“風邪”なんです。ただ、新種のウィルスによってもたらされる“新型の風邪”なだけで、風邪は風邪なんです。そこんところを国民はきちんと知らないといけません。

 もちろん風邪は怖い病気です。風邪は万病の元と言われるくらいに、風邪そのものはたかがしれているとは言え、そこから派生する病気、とりわけ肺炎は恐ろしいです。

 ニュース等で感染者数が増えている事を恐ろしげに伝えていますが、そもそもが新型コロナウィルスなんて、そもそもが風邪のウィルスなので、冬に流行るのは当然の話で、夏ですからあれだけの患者数を出していたのだから、冬になれば、そりゃあ激増するって。いや、むしろまだ少ないのかもしれません。

>正確なデータが一切なく未だに手洗い、マスク、3密を避けるって幼稚園の子供ではあるまいし。

 確かに、手洗い、マスク、三密は、風邪の予防には良いでしょうが、それで感染が防げると思う方がおかしいです。

 新型コロナウィルスによって、世界人口は明らかに減るでしょう。もしかしたら、このウィルスは増えすぎた人類を適度に間引く、見えざる神の手なのかもしれないなあ…なんて、最近は思わないでもないです。歴史を見ると、人口が増えすぎるときまって疫病が発生しますもの。そう考えると、単純に歴史が繰り返されているだけ…とも言えます。

 いつまで恐怖と戦いながら不自由な生活をしていくつもりなのでしょうね。要は、皆さんそれぞれ覚悟を決めればいいだけって思いますよ。覚悟を決めて、通常の生活に戻せばいいだけでしょ? Goto? 大いに結構じゃない。みんなで旅行を愉しめばいいじゃない? いくら新型コロナウィルスが蔓延しようと、ウィルスで人類が全滅する事はないのだし。ただ、ウィルスで死ぬ人と生き残る人の選別はあるだろうけれど、それはそれ、これはこれですよ。
Posted by すとん at 2020年12月25日 16:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]