2020年12月30日

今年の年末年始は手を抜いています[2020年12月の落ち穂拾い]

 実は、リアルな私は喪中でございまして、今年はお正月がありません。なので、この年始年末はコロナ禍もあって、かなり自粛な手抜きな日々を送ってます。例年なら、師走の忙しさに忙殺される私ですが、今年は仕事の忙しさだけに集中すればいいので、私生活的にはのほほんとしております。

 まあ、骨休めな年始年末なのでございました。



覚悟を決めよう

 新型コロナウィルスがまだまだ流行っていますね。

 そもそも新型コロナウィルスって、コロナウィルスである事には間違いなく、コロナウィルスがもたらす病気は“風邪”なんです。別に“新型コロナウィルス病”なんて病気があるわけではありません。あくまでも風邪なんです。ただ、新種のウィルスによってもたらされる“新型の風邪”なだけで、やっぱり風邪は風邪なんです。そこんところを国民はきちんと知らないといけません。

 ただ、風邪だから安心して良い…という訳ではなく、もちろん風邪は怖い病気です。風邪は万病の元と言われるくらいに、恐ろしい病気です。風邪そのものはたかがしれていると言えなくもありませんが、そこから派生する病気、とりわけ肺炎は恐ろしいです。

 実際、新型コロナウィルスに罹患して、それが病気の入り口となって死んでしまう人がいないわけではないでしょ?

 毎日毎日、ニュース等で感染者数が増えている事を恐ろしげに伝えていますが、新型コロナウィルスなんて、そもそもが風邪のウィルスなので、冬に流行るのは当然の話で、夏ですら、あれだけの患者数を出していたのだから、冬になれば、そりゃあ感染者数は激増するって。いや、むしろまだ少ないのかもしれません。

 手洗い、マスクが推奨され、三密は絶対悪として避けるような風潮が続いています。これらは、確かに風邪の予防には良いでしょうが、それさえ守っていれば感染が防げると思う方がおかしいです。これらをきちんと守っていても、感染する人は感染するんです。感染症なんて、そんなもんでしょ? だから人々はワクチンに期待を寄せるわけですが、そのワクチンだって、どれだけ効き目があるのか…と言えば、私はあまり期待していません。

 新型コロナウィルスによって、世界人口は明らかに減るでしょう。もしかしたら、このウィルスは増えすぎた人類を適度に間引く、見えざる神の手なのかもしれないなあ…なんて、最近は思わないでもないです。歴史を見ると、人口が増えすぎると、決まって戦争か疫病が発生しますもの。そう考えると、平和活動に力をいれて戦争を回避する今の時代には、戦争の代わりに疫病がやってきただけなのかもしれませんし、そう思うなら、単純に歴史が繰り返されているだけ…とも言えます。

 それなのに、いつまで恐怖と戦いながら不自由な生活をしていかなければいけないのでしょうか。

 要は、皆さんそれぞれ覚悟を決めて生きていけばいいだけって思いますよ。今は疫病の時代であると覚悟を決めて、通常の生活に戻せばいいだけでしょ? Goto? 大いに結構じゃない。みんなで旅行を愉しめばいいじゃない? いくら新型コロナウィルスが蔓延しようと、このウィルスが神の手ならば、ウィルスで人類が全滅する事は無いのだしね。ただ、ウィルスで死ぬ人と生き残る人の選別はあるだろうけれど、それはそれ、これはこれですよ。

 悲しいけれど、死ぬ人は死ぬのです。ならば、自分が死ぬ側の人間になる事を覚悟して日々を生きていけばいいだけの話ではないでしょうか? どうせ、早かれ遅かれ、人は死ぬんです。私もあなたも死ぬんです。



今月のお気に入り Goffin & King Songbook

 ええと、最近はキャロル・キングの作曲家時代の作品集をヘビロテにしています。私が買ったのは、以下のCDです。
 別にこのCDがお薦めってわけではなく、単純にコスパが良かったので購入しただけで、それなりにたくさんの曲が入ってますが、別にキャロル・キングの代表曲が全部網羅されているわけではありません。有名曲で言えば、アレサ・フランクリンに書いた「ナチュラル・ウーマン」とかは抜けているし、そもそも輸入盤なので、日本語解説も訳詞もありません。

 でもね、1960年代のアメリカン・オールディーズって、いいよね。難しい事なんて、これっぽっちもなくて、ただただ青空のような晴れやかな音楽なんです。聞いていると、なんか気分が軽くなるんです。ほんと、良い意味で作曲家が職人であった最後の時代の音楽なのです。クラシックで言えば、モーツァルトの音楽に通じるような、軽みがあるんです。

 コロナ禍でみんな気分が鬱々としているでしょう。だからこそ、こういう(良い意味で)脳天気な音楽って、大事だと思うのです。



今月の金魚

2020年12月14日 チャチャ(二代目)が星になりました。
2020年12月20日 カマツカ2匹と石巻貝が20匹、やってきました。
2020年12月27日 ロナとリタがやってきました。


今月のひとこと

 サーバーエラー?で、記事のアップが遅くなってごめんなさい(2020年11月30日)。

 11月30日のサーバーの調子が良くなかった件について分かりました。詳しい事は、12月6日(日)の記事に書いてアップします。(2020年11月30日〜12月5日)

 寒いねえ…寒い。朝起きたら、全身が氷のように冷たくなっていたよ。一応、布団は掛けているのだけれど、寝ているうちに暑くなって布団を剥いじゃうみたいなんだよね。なので、寒い日の朝は体が冷えるんだよね。まるで死体みたい。いやあ、寒い寒い。(2020年12月5日)

 うわっ〜、コメント欄のフォントが小さすぎて見えない! ううむ、どうしましょうか?(2020年12月5〜8日)

 ううむ、紅葉がきれいだ。湘南にもようやく秋が到来したらしい。もうじき12月も中旬になるんだけどな(笑)。あ、書き忘れていたけれど、コメントのフォントサイズを大きくしました。これで老眼にも優しいでしょ?(2020年12月8〜16日)

 本日(2020年12月16日)の記事のアップが遅れた件に関してはお詫び申し上げます。ええと、今回は私のヒューマンエラーでございまして、予約投稿をしていたつもりがしていなかったという情けない事情でございます。最近、仕事上でもちょこちょことチョンボをしてしまうこともあります。注意散漫な生き方はダメだよね。(2020年12月16〜23日)

 メリー・クリスマス! 毎日が忙しくてブログも丁寧に更新できず、誠に申し訳ないです。ごめんね、ごめんね。(2020年12月23〜26日)

 今年はコロナ禍でもあるので、この年末年始はどこにも行きません。去年の年末年始はあっちこっちに小旅行などをして楽しかったなあ…なんて思いました。ま、今年はどこにも出かけない分、読書でもして時間を潰そうかなって思ってます。あと、溜まったDVDやビデオも見ちゃおうっと。(2020年12月26〜29日)

 今月は以上です。よろしくお願いします。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ

にほんブログ村

posted by stone at 04:00| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]