2021年02月13日

どうしても水の濁りが取れない(涙)

 水の濁りの原因の多くは、タンパク質系の汚れです。死んだ子や大怪我をした子がいると、どうしても水槽の水は汚れます。我が家の水槽の水の濁りも、そもそもはカマツカが一匹、星になってしまい、それにしばらく気が付かなかった事と、ランコが背中に大怪我を負っている事が原因で、水が濁っていたと思います。

 カマツカは水槽から取り除き、ランコも少しずつ怪我が良くなり、水槽の水も毎週のように取り替えているのですが、それでもなかなかキレイになりません。

 カマツカを取り除いた後、2日連続で水を取り替えた時は、だいぶ水がきれいになったのですが、その後、一週間と立たずに水が濁りました。まあ、ランコが怪我をしているから仕方がないと思います。

 で、その後も一週間後に水を取り替えるものの、一週間も経たずに水が濁ってしまいます。で、また水を替えても一週間もちません。ううむ、ランコの怪我もなかなかのモンだね。それにしても、あの小さなカラダから、水槽の濁りを起こすほど、多量の体液が出ていると思うと、よくぞランコは元気に泳ぎ回っているものだと感心します。

 とにかく、ランコの背中の怪我がきちんと治るまでは、水槽の水は濁ったままなのでしょうね。ふう。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by stone at 04:00| Comment(0) | 金魚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]