2021年02月20日

リタが星になりました

 2021年2月13日(土)の深夜に、大きな地震があったじゃないですか? 我が湘南地方でも大きく揺れましたよ。震度4だそうで、いやあビックリしました。

 その時間はまだ起きていて、テレビを見ていたので、地震発生と同時にテレビのチャンネルを切り替え、それから金魚水槽を見ました。と言うのも、結構揺れが大きかったもので、水槽から水があふれる事を心配し、金魚たちの安全が気になったからです。

 地震の揺れは、大きくゆっくりとしていましたので、水槽の水はかなり激しく揺れました…が、一応、水槽にフタをしてあったので、水があふれる事はありませんでした。良かった良かった。

 金魚たちは、経験したことのない水の揺れに、ちょっとビックリしていたようですが、すぐに諦める…と言うか、慣れてしまったようで、揺れる水と一緒にザップンザップンしておりました…一匹を除いて。

 そう、リタは地震の揺れに過敏に反応し、水槽の中を(金魚なのに)目にもとまらぬ素早さで、それこそ直線的&鋭角的にクイクイと泳ぎまくり、実にパニくっているのが良く分かりました。

 やがて地震が収まり、水も落ち着き、金魚たちも何もなかったかのように落ち着いていました。リタも落ち着いている…と言うよりも、リタの場合は、なんか呆然としていました。よっぽと地震が怖かったのでしょうね。あまりの怖がりようで、リタの心臓は大丈夫かな?と心配しました。

 で、翌日、リタが星になって水槽に浮かんでいました。やはり、昨夜の地震のショックで心臓がもたなかったみたいです。ビックリしすぎて死んじゃったみたいです。実に魚なのにチキンなヤツだったようです。イヌネコなら、地震で怖がっても、その後、抱きしめてあげて安心させる事もできますが、さすがに金魚相手に抱きしめるわけにもいかず、飼い主としては、どうにも手のうちようがありませんでした。

 リタは紅白の更紗オランダで、最近はよく育ってきていて、先行きが楽しみだった子でした。そもそも、アセビが体調がとても悪くて「明日にでも星になりそうだ!」という時に、アセビの後継金魚として我が家にやってきた子なのに、そのアセビよりも早く星になってしまうとは、大誤算です。ちなみにアセビは、リタがやってくるまでは、本当に毎日毎日、これでお終いかも…という程に体調が悪い日が続いていたのですが、リタがやってきた途端にシャキっとして、今ではごく普通に暮らしています。何かに気づいたのかな?

 閑話休題。これで我が家の金魚たちは、シズカ(素赤琉金)、アセビ(更紗流金)、アカリ(素赤琉金)、ランコ(黒らんちゅう)、ナツキ(銀鱗オランダ)、ロナ(東錦)の6匹になりました。アセビはまだまだ元気だし、5匹が定員の水槽に、すでに6匹の金魚がいるので、リタの後釜は入れずに、しばらくはこの体制で行くつもりです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by stone at 04:00| Comment(2) | 金魚
この記事へのコメント
あー残念でしたね・・
個体差で感受性が違うにしても、
死んでしまうのは悲しいですね。

アセビの復活も不思議なものですね。
Posted by ショウ at 2021年02月22日 13:21
ショウさん

 そうなんですよ、悲しいです。今回の地震がなければ、きっとリタはちゃんと育ってくれたと思うし、もっと大きくなっていたら、心臓も強くなっていただろうから、たとえ地震がやってきても、死ぬ事もなかったろうにと思うと、悲しいです。

 アセビが元気になった理由は…何となく分かったのかもしれません。この子が自分の後釜だなって。たから「ふざけないでよ、私はまだまだ元気よ」って感じでシャキッとしてしまったのかもしれません。

Posted by すとん at 2021年02月22日 20:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]